野田文七のブログ

東方Projectの小説書いてます。劇団文七団長。
<< 紅楼夢を終えて | main | 雅趣雅俗(春日傘氏著)「不可能な境界Rewrite 機彜響 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
イベント間期

週末に今度は東京の即売会に行くので、気分的に何やら慌ただしい日々です。

連続して週末空けるから、ある程度家のことも平日にやっておく必要がありますし。

 

で、3000字の執筆ノルマは今日もどうかこうかこなしましたが、やはり集中し切れていませんね。

「このシーンいるのか?」みたいなこと考えながらとりあえずノルマの文字数は行かせた、という程度。

書きたいシーンを先に飛ばし飛ばし書いていくという方法も悪くはないのですが、ほんとうに大事なシーンというのは、そのシーンとシーンのつなぎとしか考えていなかった事柄について書いたものだったりします。だったり、ってだけ。

つまり、大事なのはつながりなんですよね。つながりがきちんと行くと、読んでいてとても気持ちのいいものになります。

そのためにはある程度頭をリフレッシュした状態にしておかねばならず、慌ただしさに呑まれると、リフレッシュが難しくなります。

 

このシーンはどういう有用性があるのか? また、このシーンはこれ自体としてどう面白いのか?

この二つを常に意識しておくようにしたいものです。

| - | 21:37 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:37 | - | - |