野田文七のブログ

東方Projectの小説書いてます。劇団文七団長。
<< 春日傘(雅趣雅俗) 著「不可能な境界Rewrite供〕色の華」 | main | 明日木曜日の冬コミ参加します >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
現状報告と冬コミについて
最近、投稿ばっかしてます。
群像新人文学賞(10/31締切)、角川春樹小説賞(11/25締切)、太宰治賞(12/10締切)にそれぞれ投稿しました。
今書いている小説は、当初すばる文学賞(2017/3/31締切)に投稿しようと思っていましたが、ここは原稿用紙換算300枚(ざっと10万字)まで。今書いている小説はたぶん400〜450枚程度になりそうなので、他を当たろうと思っています。小説現代長編新人賞(2017/1/31締切)が500枚までなので、こちらにしようかなと。ただ、ちょっと締切が早いですよね。あまり粗製乱造してもいけないので、きちんと納得した上で投稿したいものですが、ただ、どんどん書いて投稿したいのも確か。
あと、日本ファンタジーノベル大賞(2017/6/30締切)とメフィスト賞(いつでも締切)ですね。そのあとどうするかってのは、まだ考えていません。今構想している作品を全部出し切っても、そこまでです。つまり現時点で、書いているものも含めて、三つ。
今は、新鮮さと懐旧の念が入り混じった妙な気持ちで小説を書いています。そうそう、昔こうだった、と懐かしむと同時に、以前には決して辿ることのなかったであろう思考の枠から、文章が生まれていく。基本的に変わってはいないんだけれど、血が、新しいものに変わっていたことを知る、そういう新鮮さです。
たとえていうなら、ドラゴンボールでリストバンドや靴をドサ、ドサ、ズン、と外している時のような心境でしょうか。
そして冬コミですが、二種類出します。漫画です。
 嵒坩口禁(ファッキン)」 B5サイズ32ページ500円
◆屮丱吋皀里料筺廖     B5サイズ32ページ500円
,狼歓誉擬戮叛鰻勇儀のコミュニケーションを描きます。元は「たなごころ幻想郷」の一挿話ですね。こゆびさんらしい改良が随所に見られる逸品となっております。まず元がいいしね。
△魯▲鵐澄璽董璽覿指の人気キャラ(だいたい全員が人気キャラな気もしますが)アンダイン視点による、主人公との戦闘を描きます。なぜしばしば主人公は一貫しない、時として支離滅裂な行動を取るのか? この複雑怪奇なゲームには様々な解釈の余地がありますが、その一つということで。
こゆびさんの激しい戦闘描写、豊かな情感描写が光る、原作ファン必見の佳作に仕上がっています。アンダーテールってたまに聞くけどなんかプレイめんどくさそうと思っている人もこの漫画から入るといいんではないでしょうかね!?
あれ、小説は?
と言いますと、出さないことにしました。
当初「明治三十二年のシャンバラボーイ」を予定していましたが、僕の興味関心が投稿作品の方に移ってしまい、過去の歴史シリーズである、ノブレス、メトロ、ヨルムン、アルテの水準にはとてもとても達しそうになかったので断念しました。
次に「さよなら幻想郷」という中編小説を構想していたのですが、これも同じく、現在執筆中の作品にすでに僕の関心が向き切っていることを改めて再確認した次第で、一応3万字で仕上げたものの、ほとんど作品のていを成していなかったので、これまた断念。
雨山電信さんとお寿司さんのイラスト自体はすでにできあがっているので、投稿ラッシュがいったん区切りつくであろう来年の夏コミに加筆して出そうかなあといったところです。
なお、さとうとしおさんのところに寄稿した秘封鉢合わせ小説が、ちょうど今冬コミに発表です。
書いたの自体は結構前とはいえ、一応現時点ではラストとなります。
書いた時系列でいえばぱぴ子さんとの「トロイメライ」がラストになるかな。
牛虎さんとの対談本はちょくちょく続けていきたいんですがね。
小説を出さないのなら、劇団文七としての活動はどうするのか?
これはもうハッキリ言ってこゆびさんの頑張りにかかっています。
今後はビッグサイトに限り、参加の可能性がある、程度に思ってもらえれば。
12/4、大分でも即売会があって、カタログには僕の名前も載っちゃってますが、こちらも不参加です。
コミカライズのネタだけなら、あと3000ページは余裕であるんですがね。
みんなでこゆびさんを応援しよう!
これからはそう頻繁に東京に行くことももなくなるでしょうから、たまには観光らしく東京を見て回りたいので、今回は作品取材がてら千代田区近辺で複数のカプセルホテルに泊まり、場所を変えていこうと思います。
ある程度ネット環境、特にSNSは遮断しておいた方が諸々の作業が効率的だということをこの一ヶ月半ほどで再確認しましたが(まあスカイプは毎週やってますが)、かといって、これはこゆびさんにも進言されましたが、まったくSNSに露出しないのはいかがなものか。人間は忘れる生き物ですしね。宣伝の時だけいきなり浮上してきても、なかなか思い出しづらいでしょうし。
ほどよい塩梅でやっていこうと思います。
| - | 20:25 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 20:25 | - | - |